マゴチにおすすめされているルアー15選


Notice: Undefined property: stdClass::$Offers in /var/www/wordpress/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 657

Notice: Undefined property: stdClass::$Offers in /var/www/wordpress/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 657

Notice: Undefined property: stdClass::$Offers in /var/www/wordpress/wp-content/themes/cocoon-master/lib/shortcodes-amazon.php on line 657
メタおすすめのルール
  1. GoogleとBingで「×× おすすめ」などと検索しでてきた上位数十サイトをリストアップします。
  2. 各サイトでどんな商品、サービスがおすすめされているかを機械的に調べます。
  3. 2の情報をもとにメタおすすめランキングを制作します。

 今回は専門に狙う人はそれほど多くないと思われるマゴチを狙うのに適したルアーについて調べてみたいと思います。とりあえず「マゴチ おすすめ ルアー」と検索したところ以下のURLが得られました。

 

評価基準

 WEBページ上の情報はHTMLという一種のマークアップランゲージによって意味付けされています。HTMLタグには段落を表すもの、見出しを表すもの、リストを表すものなど様々なタイプがあり、開始タグと終了タグで文章を囲むのが基本的な使い方となります。

 以下の順位付けでは、タイトルや見出しに入っている商品、サービス名は重要度が高いと考えまして、言及サイト数+(titleで言及×5)+(h1で言及×5)+(h2で言及×3)+(h3で言及×2.5)+(h4で言及×2)+bで言及 で点数を計算してみました。titleは検索エンジン等から見えるページのタイトル、h1-h5は見出し(数字が低いほど大見出し)、bは強調を意味するHTMLタグです。なお、BingにもGoogleにも登場するサイトは二重に読み込まれています。

1位 デュオ ビーチウォーカー ハウル 43.0点

  • 60サイト中14サイトが言及
  • 60サイト中1サイトがtitleで言及
  • 60サイト中1サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中4サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中3サイトがbで言及

堀田光哉×Beach Walkerコラボ第三弾は、シリーズ初のジグヘッド+ワームのビーチウォーカー『ハウル』。堀田が見据えていたのは、誰にでも簡単に使いこなせ、ヒラメを獲ることができるジグヘッド+ワーム。そのために、ワンランク上の飛距離、優れたフッキングシステムといった基本性能に加え、レンジコントロールや煩わしいワームのセットの容易さという機能の集約化。更にサイズやワームの柔軟性など、数々の”釣れる要素”を具現化。

ビーチウォーカーに死角なし。
公式サイト

2位 エコギア パワーシャッド 40.5点

  • 60サイト中16サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中7サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中1サイトがbで言及

ノーシンカーから1〜2oz.のヘビーウエイト・ジグヘッドまで、オールラウンドに使用できる設計です。ターゲットへ強烈にアピールするボディウォブリングが「パワーシャッド」最大の特長。ベイトフィッシュが水面に見えるような場合、表層をノーシンカーリグでスイミングさせてみるのも効果的です。ボディ後方部に重心があるため、自重だけでなく無理なく飛距離が得られます。

ヒラメ、マゴチはもちろんタチウオ、青物、シーバスなどにも使えます。
公式サイト

3位 ima サスケ 裂波 25.5点

  • 60サイト中11サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中3サイトがh2で言及
  • 60サイト中1サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中3サイトがbで言及

ルアーマガジンソルト誌にて7年連続タックルオブザイヤーに輝いたsasukeシリーズの代表作。ima独自のレードルリップヘッドとタングステンウエイトを採用した近代シーバスゲームのお手本ルアー。その汎用性はすさまじく、シーバス、フラットフィッシュ、青物等々にとどまらず、淡水、海外でもあらゆる魚種を釣りまくるモンスタールアーである。

幅広く使用されているルアーです。
公式サイト

4位 デュオ ビーチウォーカー アクシオン 20.5点

  • 60サイト中7サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中3サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

扁平デザインボディのより、高比重ながらリトリーブスピード範囲内に有効なアクションを集約。 リトリーブスピードで3段階の基本アクションを持ち合わせます。スローではシンペンの「テールフリップ」、ミディアムはボディを振るわせるような「微波動アクション」、ハイスピードではヘビーミノーらしい力強い「ヒラ打ちアクション」。フォールはややテールを下げた水平姿勢で「バイブラフォール」。多彩なレスポンスでリトリーブからジャークまで広く対応し、プレッシャーにより大きな動きを嫌うヒラメや、日中の活性が下がったヒラメの捕食を誘発します。

フラットフィッシュ用シンキングペンシル。
公式サイト

5位 シマノ 熱砂 スピンビーム 19.5点

  • 60サイト中9サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中1サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中2サイトがbで言及

ガンガンに流れる離岸流や、急深なサーフのボトムは、従来のヘビーシンキングミノーだけではなかなか攻略しきれません。また、春先や晩秋~冬の浜風が強い日に、しっかりと狙ったポイントにルアーを届かせるのは至難の業です。そんなシチュエーションではやはりメタルジグが効果を発揮します。しかし、普通のメタルジグでは、サーフのヒラメ狙いという特別なフィールドの特別な魚を釣る場面において、満足できる物がなかなか見当たりませんでした。

ヒラメ専用のメタルジグ。もちろんマゴチにも有効です。
公式サイト

6位 シマノ 熱砂 ヒラメミノーIII 11.5点

  • 60サイト中3サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中1サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

2011年のヒラメミノーⅡの発売以降、各地から多くの釣果報告を頂き、ヒラメスペシャルで培ったヒラメを寄せるアクション、喰わせのレンジなどの基本のノウハウを熟成させることが出来ました。アクションはワイドなウォブロールで、広範囲に光を拡散させつつ、高い浮力を活かして強い水押しを狙ったファットボディ設計です。

飛距離19%向上で、より広範囲を探るパイロットミノーに!
公式サイト

7位 デュエル ハードコア ヘビーシンキングミノー 10.0点

  • 60サイト中4サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中0サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

「シーバスからヒラメまで―――こだわりの新色4色登場!」遥か彼方の未開の地を完全攻略。超遠投、低速~高速リトリーブ対応の『使える』ヘビーシンキングミノー。

低速域でもしっかり泳ぐ。
公式サイト

8位 メジャークラフト パラワーム 10.0点

  • 60サイト中5サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

「DART」は、ワインドアクションではメリハリある強烈ダート。移動距離も少なく、ただ巻きで追わない型の大きい魚の短い捕食ゾーンに強烈アピールします。 ワインド、ただ巻き両方で誘える「SHAD」は、レンジキープしやすくナチュラルに誘う泳ぎはサーフ系の美味しい魚を狙うのに大活躍。

マゴチ狙いにはDARTかSHADがよいでしょう。
公式サイト

9位 ダイワ 鮃狂 ヒラメタル 10.0点

  • 60サイト中4サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中1サイトがbで言及

沖合のブレイク、離岸流のボトムに潜むヒラメ、マゴチを狙う、スローリトリーブ対応非対称多面反射モンローアクションメタルジグ。ボディ表面を5つの多面体に、裏面を非対称の高反射面とすることで、濁り潮、マズメ時等においてもフォール、リトリーブ時問わず広範囲にアピール。セミリアバランス設計によりキャスタビリティも高く、ボトムを取ってからの巻き上げメソッドやリフト&フォールにおいても、リトリーブではスプーンのような悶絶モンローアクションを発生、フォール時もスプーンのようなフラッシングでリアクションバイトを誘発。フロントアシストフックには驚異の貫通力サクサスフックを採用、これにより、タフコン時のショートバイトも高確率でフッキングが可能。

フラットフィッシュ攻略用メタルジグ。
公式サイト

10位 シマノ 熱砂 スピンドリフト 8.5点

  • 60サイト中6サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中1サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

「『スピンドリフト』は簡単に言えばヘビーシンキングミノー。よく飛んでよく沈むのが武器のルアーです。水深が深いところや流れが速いところで使いやすく、サーフを前提としたヒラメ用ミノーとしては根が少ないところで活躍するタイプです。僕の大好きなルアーですが、実績もすごい。“釣れるというのは当たり前?”なんですが、2009年に登場してすでに6年選手。入れ替わりが早いソルトルアーの世界で、息が長く支持されていることは、釣れていることの裏返しですよね。多くのヒラメファンのボックスに入っているルアーだと思いますよ」 『スピンドリフト』のなかで最初に世に出たのは90HS。あえて固定重心が選択された。重心が動かないので誰が使っても安定した飛距離を出せる、というのがその理由だった。波の中でもまれてもウェイトが動くことがないので、離岸流のなかでも飛び出すことがない。泳ぎの安定性もいい。多くのヒラメフリークを虜にした。 だが、重心移動システムは進化した。飛び、泳ぎの安定性を確保したうえで優れた飛距離を生み出すことに成功した、『AR-C重心移動システム』が登場したのだ。「ぶっちぎりの飛距離としっかり大きく動くのが強み。

公式サイト

11位 ブルーブルー ニンジャリ 7.0点

  • 60サイト中2サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

NINJARI(ニンジャリ)はワインド釣法をさらに進化させます!ワインドワームとして肝心なジャークした時の横っ飛びアクションとその後の水中でのタメを、高次元のバランス設計で実現。上下に突き出たシングルフックは、従来のワインド釣法の泣き所であったフッキング率の悪さを一気に解消しました。どちらかの針先がフックアップすると、残された反対側のフックによって、ジグヘッド全体がロックされる様にフッキングします。そして、このフック設計とワーム設計によってワームセッティングも後ろからまっすぐ刺すだけで誰でも簡単に正しく装着可能です。差し方を失敗して上手に泳がないこともありませんし、ワームのカラーチェンジも簡単です。

公式サイト

12位 バディーワークス フラッググラブ 7.0点

  • 60サイト中2サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

アピール力と飛距離から計算されたボディーボリュームと、ワイドなグラブテールが演出するダイナミックなアクションでターゲットを惑わすスタンダードグラブ。超スローからファストまであらゆるスピードに対応するテールアクションは見切られる瞬間を作らない。動きは大きいが波動が小さい為、視覚的効果で魚にアピール。水押しの強いフラッグシャッドとのローテーションで、攻め方の幅が更に広がる。一見ありそうで無かったこのボリューム感。これぞまさに究極のスタンダード。

公式サイト

13位 パームス エフリード 7.0点

  • 60サイト中2サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

フラットフィッシュを狙い撃つ専用スペック。ボディサイズ9センチ、細身のルアーシェイプでありながら、26gのウエイトはサーフで重要な飛距離を引き出し、沖のブレイクまでしっかり攻めることができます。ルアー内部に搭載されたセンターバランスウエイトは、水平姿勢を保ち着水時からローリングフォールするのでフラッシングをアピールします。また、スイミングでは大型リップがしっかり水をつかみ、ヘビーシンキングルアーでも大きなウォブリングアクションを生み出します。強めのアクションは広範囲にアピールし、ボトムのフラットフィッシュの捕食本能を刺激して獰猛なまでに狂わせます。

公式サイト

14位 ダイワ フラットジャンキー ロデム 5.5点

  • 60サイト中3サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中1サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

ヒラメ、マゴチを魅了するリアルアピールシャッドワーム+リアルシェイプジグヘッドのセット。ベイトフィッシュそっくりの見た目、かつ食べごろ感たっぷりのボディに水鳥の足ヒレ形状からヒントを得た「ダックフィンテール」を搭載。その独特の形状は水つかみが良く、ソフト素材と相まって振り子状にスイング、強い波動とリアルな外観で食い渋ったターゲットにも強烈アピール。ワンタッチワーム交換方式にも関わらずワームがずれにくい3重キーパーを採用。ヘッド部にはラインの接続位置によってアクションを変化させられる2WAYアクションアイを搭載。ヘッド前方下部のブレードでさらに感度がアップ。誘導穴・誘導溝付きワームボディ採用によりワンタッチでボディ交換が可能。朝夕マズメの貴重なチャンスを逃さない。

公式サイト

15位 ima サスケ 裂風 5.0点

  • 60サイト中2サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中1サイトがh2で言及
  • 60サイト中0サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

更に磨きのかかった遠投性能と、任意のレンジを攻略することが可能になった潜水能力。海中に馴染むようなベイトフィッシュライクな食わせアクションは、複雑な流れの中でこそ、その能力を発揮する。ワイドアクションで遠くの魚にアピールする裂波。タイトな食わせアクションの裂風。状況を見極めて2つのサスケを使い分け、ランカーを狙い撃て!

公式サイト