おすすめされているフライロッド15選

メタおすすめのルール
  1. GoogleとBingで「×× おすすめ」などと検索しでてきた上位数十サイトをリストアップします。
  2. 各サイトでどんな商品、サービスがおすすめされているかを機械的に調べます。
  3. 2の情報をもとにメタおすすめランキングを制作します。

 今回はフライフィッシングで使用される竿について調べてみたいと思います。とりあえず「フライロッド おすすめ」と検索したところ以下のURLが得られました。

 

評価基準

 WEBページ上の情報はHTMLという一種のマークアップランゲージによって意味付けされています。HTMLタグには段落を表すもの、見出しを表すもの、リストを表すものなど様々なタイプがあり、開始タグと終了タグで文章を囲むのが基本的な使い方となります。

 以下の順位付けでは、タイトルや見出しに入っている商品、サービス名は重要度が高いと考えまして、言及サイト数+(titleで言及×5)+(h1で言及×5)+(h2で言及×3)+(h3で言及×2.5)+(h4で言及×2)+bで言及 で点数を計算してみました。titleは検索エンジン等から見えるページのタイトル、h1-h5は見出し(数字が低いほど大見出し)、bは強調を意味するHTMLタグです。なお、BingにもGoogleにも登場するサイトは二重に読み込まれています。

1位 シマノ ブルックストーン 31.5点

  • 60サイト中10サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中7サイトがh3で言及
  • 60サイト中2サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

本場、ヨーロッパで好評のエントリーモデルを逆輸入。初めてフライフィッシングにチャレンジしたい方、ファミリーで管理釣場を体験したい方、また湖や海でのビッグファイトを楽しんでみたい方へ。

入門にも手の出しやすい価格となっています。
公式サイト

2位 ダイワ ロッホモア プログレッシブII 30.5点

  • 60サイト中15サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中3サイトがh3で言及
  • 60サイト中4サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

使いやすい基本アクションを継承。シャープな振り抜けを強く重視。低番手は繊細なティップの感覚、高番手はバット部のしっかり感を重視し、ラインの重さを感じやすい=誰にでもタイミングの取りやすいロッド。リールシート部のパーツ類を大幅にグレードアップ しました。コンパクト化&自由度の高い3ピース化。耐久性は抜群帆布地のハードケース付き。

ハードロッドケース付き!
公式サイト

3位 ティムコ ユーフレックス・インファンテ 29.5点

  • 60サイト中15サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中5サイトがh3で言及
  • 60サイト中1サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

ラインの乗りが解りやすく入門者が扱いやすいアクションですが、多くの上級者もお使いいただいています。インファンテシリーズは入門者用として作られたローモデュラスのカーボンを使用した、柔軟でしなやかなアクションが特徴のシリーズです。筋力が未発達な少年少女が最初のキャスティングを始めるときは素直でくせがなく、間違いのないアクションのロッドを選択することが、入門とその後の進歩のためにとても大切だというのが、30年を超えるスクールの経験を持つティムコの考えです。

フライフィッシング入門に最適。
公式サイト

4位 モーリス iD イワイドリフト 21.5点

  • 60サイト中10サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中3サイトがh3で言及
  • 60サイト中2サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

氏のロッドに対する意見や希望を反映し、日本の渓流で頻繁に狙う距離(5~15ヤード前後)の操作性を主に開発。ループを自在に操り、狭いライズスポットにロングティペットリーダーでフライを正確にキャスト。また、ナチュラルドリフトを行なうためのメンディングのしやすさ等、岩井氏の釣りを実現するためのフライロッドです。

岩井渓一郎氏が監修。
公式サイト

5位 天龍 フェイテス パッカー 17.5点

  • 60サイト中7サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中1サイトがh2で言及
  • 60サイト中3サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

パラダイススポットと呼ばれる源流域に辿り着く為には、山道の歩行、マウンテンバイクなどでの移動、崖などの高巻きが強いられます。そんな時、携帯性に優れた6ピースはベストの背中、バックパックなどに収納でき、アングラーの両手が空けられて非常に便利です。フェイテス・パッカーはストレスが非常に少ない抜けの良いベントカーブを実現していますので、フライをスポットに正確にアプローチすることが出来ます。またバージンスポットのやる気のある大型のトラウトとのやり取りにも安心して対応できる設計になってます。

コンパクトにまとまるので持ち運びも容易です。
公式サイト

6位 ダイワ シルフ 17.0点

  • 60サイト中7サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中4サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

これからフライフィッシングに挑戦しようとする方にとって、キャスティングは最初の関門。そのためにはロッド・リール・ラインのタックルバランスが非常に重要な要素となります。「SYLPH FLY COMBO(シルフ フライ コンボ)」はキャスティングが易しく感じられるようにロッドのアクションからラインまであらかじめセッテイングされたハイクオリティなフライキット。後はリーダーやティペット、フライがあればすぐにフライフィッシャーマンの仲間入りです。

フィールドでそのまま使えるフライキット。
公式サイト

7位 ティムコ ユーフレックス・Jストリーム 12.0点

  • 60サイト中7サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

「日本の渓流を釣る為のフライロッド」をコンセプトに掲げ2009年春にデビューしたJストリームはヤマメやイワナを釣るフィールドを想定し、モデル毎にコンセプトを決め、そこに求められる強さやアクションを追求して作られたシリーズです。今回のフルモデルチェンジに際してはそのコンセプトを継承しつつも使用するフィールドを見直し、さらにこの10年間で蓄積されたエキスパートやユーザーからのフィードバックを加味して開発に着手しました。

日本の渓流用に設計!
公式サイト

8位 グレイン ストリームカレント 11.0点

  • 60サイト中6サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

美しい渓流でのフライフィッシング。 川や風の流れを感じとり、自然と一体となって楽しんでほしい。 空、山、森、川の美しい日本風景と優雅に泳ぐトラウト達。その風光明媚な渓流でのフライフィッシング。川と風の流れを肌で感じ取り、自然と一体となって遊んで欲しい。“Stream Current”の開発コンセプトはそこから生まれました。スターティングキットでありながら、デザイン性を求め、クォリティを追求したセット内容です。

すぐに使えるセット商品です。

9位 ティムコ ユーフレックス・インファンテツーハンド 11.0点

  • 60サイト中6サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

ティムコが自信を持ってリリースするツーハンドロッド。初心者の「最初の一本」としてはもとより、ベテランツーハンドロッダーも納得のアクションに仕上がりました。「ツーハンドロッドを使ってみたいのだけど…」と今まで二の足を踏んでいた方にはインファンテ・ツーハンド(TH)をお勧めいたします。

ツーハンドへのエントリーモデル。
公式サイト

10位 アキスコ エアーライトストリーム 10.0点

  • 60サイト中5サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

ご好評のグラスパックロッドに新しいシリーズを加えました。ストリームロッドはブランクからすべて設計しなおし、グラスの特性を生かしたスローなアクションでゆったりとしたキャスティングしやすいロッドです。又、細部にもこだわりのパーツアッセンブルで、全ての皆様にご満足いただける美しい仕上がりのロッドになりました。

グラスファイバーロッド。
公式サイト

11位 シマノ アスキス 8.0点

  • 60サイト中3サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

スティーブ・レイジェフ率いるG.Loomisと、高い技術力で世界のフィッシングシーンをリードするSHIMANOとのコラボが、日本のフライフィッシングの世界に、新鮮な感動と心地よさを共有できるAsquith(アスキス)を誕生させた。ブランディングの核にしたのは、スティーブ・レイジェフの確固たるキャスティング理論に基づくG.Loomis社のフライロッド設計思想と、SHIMANOロッドテクノロジーが生み出した、ネジレ剛性に優れたスパイラルX構造採用の高性能ブランクスとの融合である

公式サイト

12位 天龍 フェイテス エクスドライブ 8.0点

  • 60サイト中3サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

近年盛んなシューティングヘッドを使ったシューティングスペイとオーバーヘッドキャスティングができ、タイトループで飛ばせるロッドをコンセプトに開発。オーバーヘッドキャストではストレスなく曲がるアクションが驚異のロングディスタンスを実現。シューティングスペイキャストでは、アンカーうち後のコンティニアスロードがより感じられ、シュートタイミングがつかみ易くタイトループで気持ちよく飛ばせます。中流域・大型河川から湖での使用を考えて、それぞれに合わせた長さ、番手をラインナップ致しました

公式サイト

13位 ティムコ オービス クリアウォーター 7.0点

  • 60サイト中2サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

フライロッド製造に深い知識と経験を持つOrvisのロッドデザイナーが、ブランクカラー、各部パーツなど新しくなった外観のデザインのみならずロッドブランクのデザインも根本から見直した結果、全く新しいフライロッドへと生まれ変りました。それでいて価格は従来のシリーズ同等を維持し、高いコストパフォーマンスを誇ります。

公式サイト

14位 ティムコ ユーフレックス エリアブースター 7.0点

  • 60サイト中2サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

徐々に盛り上がりつつあるエリアトーナメントシーンでの使用を考慮し、キャスティングからランディングまでの快適性を具現化したスペシャルトーナメントロッド。管理釣り場ではフローティングからシンキングラインまで様々な状況によりラインを使い分けることが釣果アップのカギとなります。その様々なラインや状況に対応できる順応性、手返し良くキャスティング出来る快適性、掛けた魚をばらさない柔軟性などトーナメントにおいて必要な要素をバランス良く合わせ持つ戦うためのスペシャルロッドです。

公式サイト

15位 リバーピーク Hurst Native 7.0点

  • 60サイト中2サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

素早いネイティブトラウトのアタリを取るためには、フライ着水後のライン操作はもとより、アタリ直後の素早いアワセをすることも非常に重要です。これはフライフィッシングでの大きな問題の一つです。この点に関して、主に北海道道東の河川にてトラウトをターゲットに検証を行い、アワセに対し瞬時に反応するティップを持ち、かつネイティブトラウトの強烈な引きにも負けないバットパワーを備えたロッドとなりました。

公式サイト