バス釣りにおすすめのベイトリールはダイワ タトゥーラ,シマノ スコーピオンDC

メタおすすめのルール
  1. GoogleとBingで「×× おすすめ」などと検索しでてきた上位数十サイトをリストアップします。
  2. 各サイトでどんな商品、サービスがおすすめされているかを機械的に調べます。
  3. 2の情報をもとにメタおすすめランキングを制作します。

 今回はバスフィッシングで使用されるベイトリール(両軸リール)について調べてみたいと思います。とりあえず「ベイトリール おすすめ」と検索したところ以下のURLが得られました。

 

評価基準

 WEBページ上の情報はHTMLという一種のマークアップランゲージによって意味付けされています。HTMLタグには段落を表すもの、見出しを表すもの、リストを表すものなど様々なタイプがあり、開始タグと終了タグで文章を囲むのが基本的な使い方となります。

 以下の順位付けでは、タイトルや見出しに入っている商品、サービス名は重要度が高いと考えまして、言及サイト数+(titleで言及×5)+(h1で言及×5)+(h2で言及×3)+(h3で言及×2.5)+(h4で言及×2)+bで言及 で点数を計算してみました。titleは検索エンジン等から見えるページのタイトル、h1-h5は見出し(数字が低いほど大見出し)、bは強調を意味するHTMLタグです。なお、BingにもGoogleにも登場するサイトは二重に読み込まれています。

1位 ダイワ タトゥーラ SV TW 84.5点

  • 60サイト中29サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中5サイトがh2で言及
  • 60サイト中13サイトがh3で言及
  • 60サイト中4サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

本場アメリカで実績を重ね、グローバルに活躍するTATULAにいよいよ「SV CONCEPT」 を搭載。コンパクトTWSとの組み合わせで抜群のキャスタビリティーを発揮しながらもバックラッシュの悩みはほぼゼロで、フィネス~ビッグベイトまで完全網羅。スーパーメタルフレーム、超々ジュラルミン製SVスプール採用、その性能と一切の妥協を許さない磨き上げられた外観にダイワの本気を感じてほしい。

ソルトルアーフィッシングでも使えます。
公式サイト

2位 シマノ スコーピオンDC 56.5点

  • 60サイト中18サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中1サイトがh1で言及
  • 60サイト中4サイトがh2で言及
  • 60サイト中7サイトがh3で言及
  • 60サイト中2サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

確かな性能で人気を博すスコーピオンにI-DC5を搭載。5段階の外部ダイヤルと内部ダイヤル3モードをセレクトすることによって適切なブレーキ力を簡単に設定することが可能です。スキッピングや突風などでキャストしたルアーが失速しても、DCが感知して即座にブレーキを制御。バックラッシュに悩まされず釣りに集中することができます。

イージーセッティングでバックラッシュを低減。
公式サイト

3位 ダイワ ジリオンSV 43.0点

  • 60サイト中13サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中3サイトがh2で言及
  • 60サイト中6サイトがh3で言及
  • 60サイト中3サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

「TWS」 が 「SV コンセプト」 との相乗効果で真価を発揮。タフコンセプトのエース 「ジリオン」 がG1ジュラルミンSVスプールを搭載して新時代の快適さ・バーサタイル性能を手に入れた。TWS(T-ウイングシステム)が「これまで以上の飛距離」、大口径タフデジギヤ(ハイパー仕様)が「力強い巻取り」を可能にし、伝統のスピードシャフト機構が両者をよりスムーズにしている。淡水・海水を問わず、フィネスゲームからパワーゲームまで幅広く活躍。

ジリオンファミリーに死角なし。
公式サイト

4位 シマノ バスワンXT 42.0点

  • 60サイト中16サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中4サイトがh2で言及
  • 60サイト中4サイトがh3で言及
  • 60サイト中2サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

オールラウンドに使えるバーサタイル性と扱いやすさでエントリーリールの定番として高評価を得たバスワンが、デザインを一新してリニューアルデビューしました。スムーズな立ち上がりで伸びやかな弾道を誇るSVSを内蔵し、不快なバックラッシュを低減。現代のバス釣りに合わせてラインキャパシティを200番から150番へシフトし、より扱いやすくなりました。クラスを超えたスペックとトラブルレス性能。バスフィッシングの礎を支える一台です。

初心者にもおすすめのリールです。
公式サイト

5位 シマノ アルデバラン 39.0点

  • 60サイト中14サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中6サイトがh4で言及
  • 60サイト中2サイトがbで言及

軽量ルアーのピッチング性能を徹底的に追及したシマノベイトリールの最軽量モデル。画期的なスプール&ブレーキシステム「FTB」を搭載し、ベイトフィネス用リールとして開発された専用設計で、ピンポイントへの正確なピッチングがよりスムーズに行えます。またギア比は8:1に設定し、手返しの効率もアップ。自重130gはシマノベイトリール最軽量です。

軽量ボディにベイトフィネスのための最高性能を追求。
公式サイト

6位 シマノ メタニウム MGL 38.5点

  • 60サイト中14サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中5サイトがh3で言及
  • 60サイト中3サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

搭載した「NEWマグナムライトスプール」が、側面のブランキングと70サイズのシャロースプール化で慣性モーメントを大幅に軽減。平均飛距離で約20%アップ(当社比)を達成しました。合わせて「NEW SVS∞(インフィニティ)」では、外部ダイアルのみでのスピーディーなブレーキ調整が可能。もちろん「マイクロモジュールギア」「X-SHIP」「HAGANEボディ」「サイレントチューン」といったテクノロジーも標準で備えた充実のモデルです。

次世代遠心力ブレーキがさらに進化。
公式サイト

7位 シマノ バスライズ 34.5点

  • 60サイト中11サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中7サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

確かな基本性能で根強い人気を誇るバスライズが新仕様でリニューアル。ラインキャパを200番から150番に変更し、ラインを巻いた際の重量を軽減。太糸に対応しながら慣性を抑えたことで、キャスト性能が向上しました。ブレーキは簡単に操作できるイージーマグを採用しています。

確かな基本性能を備えたエントリークラスベイト。
公式サイト

8位 シマノ カルカッタ コンクエスト 33.5点

  • 60サイト中12サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中5サイトがh3で言及
  • 60サイト中4サイトがh4で言及
  • 60サイト中1サイトがbで言及

鍛造素材から削り出されるフレームがもたらす耐久性と剛性感溢れる巻きごこちに、キャスト性能とコンパクト性をプラス。X-SHIPとマイクロモジュールギアがもたらす滑らかな回転とギアの耐久性は、ビッグフィッシュとの格闘において頼もしいアドバンテージとなります。300、400はレベルワインド連動でキャストの飛距離と精度がより安定します。

耐久性と巻きごこちに磨きをかけ、キャスト性能とコンパクト性を向上。
公式サイト

9位 ダイワ アルファス エア 33.0点

  • 60サイト中12サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中6サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

新設計のG1ジュラルミン製エアスプール搭載で淡水はもちろん海のルアーシーンまで幅広く活躍。ベイトフィネス機としての尖った性能を持ちながら、ギヤ比を見直して打ち~巻きまでのバーサタイル性も持たせており、程よいマイルドさでコアアングラーからビギナーまで使いやすい点が特長。6lb.~12lb.クラスの釣りを広くカバーでき、オカッパリからボート、ソルトウォーターフィネスまで用途の広い好バランスのベイトフィネスリール。

海でのロックフィッシュ狙いなんかにもそさそうです。
公式サイト

10位 シマノ メタニウム DC 32.5点

  • 60サイト中10サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中3サイトがh2で言及
  • 60サイト中3サイトがh3で言及
  • 60サイト中3サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

マイクロモジュールギア、X-SHIP、S3Dスプールといった先進の機構をまとい、ベイトリールの可能性を追求してきた「メタニウムシリーズ」に、新開発のI-DC5を搭載した「NEWメタニウムDC」が加わりました。I-DC5とは、ナイロン、フロロ、PEとラインによって選択できる3モードの内部ダイヤルと、ルアーのウエイトによって選ぶ4ボリュームセミオート&フルオートの外部ダイヤルを備えた画期的なデジタルコントロールブレーキシステムです。従来は組み立て式だったマグネットを1ピースの4極着磁リング磁石に置き換えることで、有効磁力面が増大。

ベストなブレーキ力をイージーにセレクト。
公式サイト

11位 シマノ アンタレス 29.0点

  • 60サイト中13サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中4サイトがh3で言及
  • 60サイト中3サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

最新鋭マイコンで爆発的な初速を1000分の1秒単位で自動制御する「NEW 4×8DCブレーキ」、慣性モーメントを最小限に抑え、飛距離を飛躍的に高める「NEWマグナムライトスプール」、精緻なギアの噛み合わせが異次元の巻きごこちを届ける「マイクロモジュールギア」、キャスト時のスプール回転を安定させる「サイレントチューン」。これらシマノの最高技術を、高精度・高剛性「HAGANEボディ」で包み込んだ、ベイトリールの最高峰モデルです。

公式サイト

12位 アブガルシア Revo BIG SHOOTER COMPACT 23.0点

  • 60サイト中8サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中2サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

アルミボディとチタンコーティングサイドプレート、大口径ブラスギヤを搭載し、ストラクチャーに潜む大物を強引に引きづり出す完全仕様。ハイギヤ8.0:1はバスに主導権を与えることなく、障害物をかわし、ランディングへと誘導することが可能だ。琵琶湖のビッグバスから雷魚、ロックフィッシュといった大物ゲームに対応する。

公式サイト

13位 ダイワ スティーズSV 15.0点

  • 60サイト中5サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中0サイトがh3で言及
  • 60サイト中2サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

気になる自重は、初代とほぼ同じ160g。TWSや大口径ギヤなど重量増は免れないパーツが増えたにも関わらず、同程度をキープしたのは各部素材の見直しの成果。一時は130g台へのチャレンジも検討したというが、「最高の使いやすさ」を求め不用意な軽量化には挑まず、存分な剛性感と高い耐久性、確かな質感を追求したのだ。

公式サイト

14位 アブガルシア REVO LTX 14.0点

  • 60サイト中5サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中2サイトがh3で言及
  • 60サイト中2サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

ハイスピード!82cm!!スーパーハイギヤ7.9:1!!スプールの軽量化とボディの軽量化、そしてハイギア化というのがベイトフィネスリールの絶対条件。現在アブで最も軽いレボエリート2の自重が182グラム。いかにLTXが軽量化されているかがわかるだろう。しかもギア比がエリート2なら6.4:1。ノーマル状態で7.9:1のギア比をもつLTXが、シャシー面ではどれほど衝撃的なスペックであるかがよくわかる。

公式サイト

15位 アブガルシア ロキサーニ BF8 12.5点

  • 60サイト中5サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中3サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

『オシアコンクエスト』は、シマノのリールテクノロジーを結集して強靭さ、滑らかさ、操作性を可能な限り高めたオフショア用両軸リールのフラッグシップモデル。剛性の高い「HAGANEボディ」をはじめ、ドライブギア、高耐久クラッチなど内部パーツのひとつ一つを徹底的に強化、大型魚のパワーにもひるまない強靭さを誇ると同時に、どこまでも滑らかなマイクロモジュールギアの回転性能がアングラーの負担を軽減。

公式サイト

16位 シマノ オシアコンクエスト 12.5点

  • 60サイト中4サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中1サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

剛性に優れる「HAGANEボディ」に「X-SHIP」、「マイクロモジュールギア」、「エキサイティングドラグサウンド」など先進の機構を搭載し、70mmのハンドルには「 CI4+」のラウンドノブを採用。PE3号-250mの大容量、ギア比6.2の巻上げは使い手やスタイルを選ばず、ライトジギングからディープの鯛ラバ、スロー系ジギングまで幅広く対応。

公式サイト

17位 シマノ グラップラー 11.5点

  • 60サイト中5サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中1サイトがh3で言及
  • 60サイト中2サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

剛性に優れる「HAGANEボディ」に「X-SHIP」、「マイクロモジュールギア」、「エキサイティングドラグサウンド」など先進の機構を搭載し、70mmのハンドルには「 CI4+」のラウンドノブを採用。PE3号-250mの大容量、ギア比6.2の巻上げは使い手やスタイルを選ばず、ライトジギングからディープの鯛ラバ、スロー系ジギングまで幅広く対応。

公式サイト

18位 シマノ スコーピオン 11.5点

  • 60サイト中4サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中1サイトがh2で言及
  • 60サイト中1サイトがh3で言及
  • 60サイト中1サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

70番サイズは32mmスプールにより軽量ルアーに対応。低振動スプールのS3Dスプールと、HAGANEボディ、X-SHIP採用により滑らかな巻きごこちを実現しました。SVS∞(インフィニティ)により外部ダイアルでスムーズなブレーキ調 整を可能にします。200番サイズは20lb100mで、よりパワフルなスタイルにベストマッチ。

公式サイト

19位 シマノ 炎月BB 9.0点

  • 60サイト中5サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中0サイトがh2で言及
  • 60サイト中0サイトがh3で言及
  • 60サイト中2サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

『炎月BB』は鯛ラバゲームに適した設計を施したリール。ボディには高剛性かつ軽量なカーボン強化素材CI4+を採用し、「優れた剛性」と「軽さ185g」を両立。一日中巻き続ける鯛ラバにおいて、自重の軽さは疲労軽減や集中力維持だけでなく感度向上にも直結。大きなアドバンテージとなる。2017年はギア比5.5のパワーギアに加え、待望のハイギアモデルが登場。

公式サイト

20位 メガバス IP68 8.0点

  • 60サイト中2サイトが言及
  • 60サイト中0サイトがtitleで言及
  • 60サイト中0サイトがh1で言及
  • 60サイト中2サイトがh2で言及
  • 60サイト中0サイトがh3で言及
  • 60サイト中0サイトがh4で言及
  • 60サイト中0サイトがbで言及

デビューと同時に全国のビッグゲーマーをまたたく間に虜にしてしまったIPシリーズに、待望の6.8:1ギアモデルが登場。ド級のウルトラトルクがカヴァーモンスターをヘヴィカヴァーから引き剥がし、ウィードカットやハングオフカットを多用するカヴァークランキングで快適性能を発揮。 マットカヴァーのフロッグゲームやスピナーベイティングなど、手返しと巻き上げパワーを両立させたい場面でストレスフリーなパワープレイングゲームを実現します。

公式サイト